2007年02月24日

志賀高原・横手山山頂ヒュッテでパン&ボルシチ♪ in 雲の上のパン屋さん

志賀高原に行って来ました。
滑りと、
志賀高原

おいしいものを両方堪能です♪
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん きのこ雲スープ

今回目指したのは、横手山スキー場。「日本一高い」と有名なパン屋があります。もちろん高いのは「標高」ですが (^^ゞ。

滞在先の一ノ瀬ゲレンデからジャイアント経由で蓮池までリフト&滑りで移動。蓮池でバスに乗り継ぎます。リフト券があればバスは無料で乗れます。移動すること2時間ちょっと、寒さに耐え切れなくなり、お腹が空きまくった丁度その頃、横手山山頂ヒュッテに到着です。標高はなんと 2,300m。相当高いです。
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん

看板犬のシベリアンハスキー、ブラックとモミジが迎えてくれます。あいにくこの日は吹雪。視界も悪いため、小屋の中で前室で寒さをしのいでいました。もうおじいちゃん(おばあちゃん?)のブラックは、この寒いのに眠くて眠くて、うつらうつら舟をこいでいました(^^ゞ。犬も舟をこいで寝るんですね・・・(^^ゞ


天候が悪いのに、中は人でいっぱい。確かに3連休の中日でしたが、すごい人の数です。大きなヒュッテが満員です。
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん

さて、我々のお目当てはもちろん「日本一高いパン」。するとまもなく焼きたてパンを売り出しそうな気配。嬉々として並びます。すると、次々に焼きたてのパンが並びます。おいしそうー!ぴかぴか(新しい)
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん

我々はカレーパン・クリームマロン・あんぱん などをチョイス。焼きたてだからどれもおいしい! ぴかぴか(新しい)
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん

標高が高いため気温・気圧が低く、パンが焼きあがるのに時間がかかる一方で発酵しにくいなど、平地に比べるとパン作りが難しいとか。これだけおいしいパンを完成させるまでには、材料・器具などにさぞかし試行錯誤があったのでしょう。そう思うとさらにおいしく感じます (^^)v。ちなみに値段は250円〜。

横手山ヒュッテで忘れてはいけないのは名物・ボルシチ
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さんのボルシチ

おなじみの山型パンと一緒に出てくるセットは 1,300円。とにかく野菜がたっぷり。ちょっと辛め、濃いめのボルシチが、冷えた体に温かくじんわりと効きます。ちょっと深みが足りないのは標高が高くて沸点が低いせいでしょうか、それとも混雑で煮込んでいる時間がないだけでしょうか・・ (^^ゞ それでも、スキー場の食事でこれだけおいしいのだから贅沢ってもんです

僕は きのこ雲スープのセット (1,500円) を注文。クリームシチューをきのこ雲のようなパン生地で包んだ、定番メニュー。
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん きのこ雲スープ

中を破ってパン生地をシチューに漬けて食べると、これが美味いんだ♪ 具には地元の長野のしめじがたっぷり。これも体が温まる一品です。でも、やっぱりもう少し煮込んでくれた方がもっとおいしかったかな・・(^^ゞ
志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん きのこ雲スープ志賀高原 横手山ヒュッテ 雲の上のパン屋さん きのこ雲スープ

やはり、噂どおり、美味しいパンでした。シチューボルシチもゲレンデランチにしては十分すぎるほど、満足いくものでした。人気があるからパンもどんどん焼く、次々に焼きたてが提供出来る、焼きたてだからおいしい、人が集まってくる・・・という好循環が、美味しいパンを引き出しているのだと思います。

ブラックの長寿を期待しつつ、来年もまた来ようと決心したのでした。

■ 横手山頂ヒュッテ ■
長野県下高井郡志賀高原横手山頂
電話: 0269-34-2430
HP: こちら (宿泊施設あり)
アクセス・行き方: 横手山ゲレンデ山頂。横手第3スカイリフト降車目の前。志賀一ノ瀬からリフト・バスを乗り継いで2時間前後。夏季は「のぞき」または「渋峠」の駐車場から夏山リフト。

ブログランキングに参加しています!
「このブログ役に立つじゃん!」と思ったら(^^ゞ
応援お願いします! !
↓応援↓
blogranking
皆さんのワンクリックでランキング順位がUP!
さらに大勢の皆さんにこのブログを読んで頂けます(^^)v



横手山ヒュッテを他のブログでチェック!

横浜・湘南の口コミグルメ情報は↓こちら↓でも


posted by まさとし at 01:56| Comment(1) | TrackBack(7) | 多国籍 etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

春節(旧正月)の横浜中華街・重慶飯店で四川料理を堪能

今日2007年2月18日は旧暦の正月春節です。
中華街の春節

横浜中華街はごらんのような賑わいでした。
中華街の春節中華街の春節

まもなく迎える母親の誕生日の祝いを兼ねて、四川料理の老舗・重慶飯店でランチをすることにしました。
横浜中華街 重慶飯店本館横浜中華街 重慶飯店本館

小さい頃を香港で過ごした我々。四川料理は週に一度は必ず行くほどの大のお気に入り。南北楼(名店ですよね)・加寧川菜館(旧大丸の近く、食街 Food Street にありましたが、残念ながら銅羅湾の再開発で閉店)などの四川料理には本当に良く通いました。

まずは雲白肉(ウンパイロー)
重慶飯店 雲白肉

豚肉の薄切りのニンニクソースがけの冷菜(前菜)。まずは香港のレストランと違って綺麗な盛り付けに驚く我々(笑)。ソースの赤さを見て、ちょっと違うかも・・・という第一印象は良い意味で見事に裏切られ、甘さと辛さが絶妙にマッチしたソースが食欲をそそります。「あんたは小さい頃、このソースだけでご飯食べてたよ」と、子供の頃の暴露話まで飛び出し・・(笑)。お恥ずかしい話ですが、だって、このソース、それぐらい美味いんです。

四川の定番・干焼蝦仁・海老チリソース
重慶飯店 海老チリソース

ここ重慶飯店には、伊勢海老・大正海老などもありますが、今回はシンプルに芝海老を注文。ぷりっぷりの海老に、辛さ控えめの濃厚チリソース。言うことナシ。四川料理はやっぱり白いご飯が進みます〜。

我々のお勧めは腰果鶏丁。鶏肉のカシューナッツ炒め。
重慶飯店 腰果鶏丁
ピリッと辛味が効いていますが、ナッツの甘みが絡んで絶妙なバランス。宮保鶏丁も有名メニューですが、これは唐辛子がかなり効いています。四川料理だからそれでいいという方もいらっしゃるでしょうが、辛い料理一辺倒っていうのも・・という方には、こちらの腰果鶏丁は、全体の味のバランスを取るのにお勧めです。

こちらも定番・麻婆豆腐
重慶飯店 麻婆豆腐
最近東京にも進出した陳麻婆豆腐。成都に旅行に行った際、本店でも食べましたが、ここのは山椒の辛さが直接的に「がつーん」と響く感じがしますが、ここ重慶飯店の麻婆豆腐はもう少し柔らかく、じんわりと辛さが効いてきます。「ぱくっ。うん? 余り辛くないじゃん、これならいくらでも・・・おっとー! 体の中からポッポしてきたよー!」という風に効いてきます。でも、刺激的な辛さではないので、どんどん箸が進んでしまいます。これはウマいぴかぴか(新しい)

四川料理の隠れた名品・干扁四季荳
重慶飯店 インゲンと挽肉の炒め物
インゲンと挽肉の炒め物。シンプルな組み合わせに思えるかも知れませんが、隠し味に干しエビ が入っていて、非常に濃厚な、深みのある味になっています。こういう単純そうに見えるメニューにこそ、複雑な下味がついているのが、いかにも中華料理。

最後は粟米湯(コーンスープ)で締めました。
重慶飯店 中華風コーンスープ
中華料理のコーンスープは、洋食のコーンスープとは違い、チキンスープが基本。ここに少々とろみが効いていて。ちょっとだけ白コショウをかけて食べるのが現地流です。

久しぶりに食べた四川料理。日本向けに辛さを抑えてあるとはいえ、やっぱり辛い・・(^^ゞ。ただ、重慶飯店の辛さは、直接的なビビットな辛さではなく、食べた後、体の中からジンワリと味わえる辛さです。ですから、舌や唇が辛さでヒリヒリするのではなく、体の中(特に頭&顔)から辛さが汗になって吹き出てくる、そういう辛さです。確かに辛かったけど、競うように唐辛子で表面だけ辛くしている最近の傾向とは一線を画す、非常に健康的な、新陳代謝を実感する、大人の辛さを体感した気がしました。

今回は、全部で6品 + ご飯たくさん(笑)で一人3,000円と超リーズナブル(但し今回はお酒は飲みませんでした)。コースは 4,200円からですが、休日ランチコースは 3,150円からあります。平日なら、ランチセット(一品 + ご飯セット)が945円。4品 + デザートもつく平日スペシャルランチが 2,100円で食べられるというから驚き。

また、重慶飯店は 飲茶 のお店も持っており(重慶茶楼)、点心にも力を入れているようです(通販 もしています)。それから、重慶飯店はマンゴープリン月餅 が人気らしいのですが、今回は余りにも食べ過ぎて、デザートまでたどり着きませんでした・・・(^^ゞ。

いやー、やっぱり四川はウマい。次回は、今回のようにかしこまった感じじゃなく、ぶらりと気軽に(そして安く)ランチしに来たいですね。

中華街 重慶飯店 地図■ 重慶飯店・本館 ■
住所 : 横浜市中区山下町164 
電話 : 045-641-8288
営業 : 11:30〜22:00(LO 21:00)
       ※新館は24時まで営業
公式HP:こちら
クーポン:本館クーポン新館クーポン茶楼クーポン

ブログランキングに参加しています!
「このブログ役に立つじゃん!」と思ったら(^^ゞ
応援お願いします! !
↓応援↓
blogranking
皆さんのワンクリックでランキング順位がUP!
さらに大勢の皆さんにこのブログを読んで頂けます(^^)v



重慶飯店を他のブログでチェック!

横浜・湘南の口コミグルメ情報は↓こちら↓でも


posted by まさとし at 23:23| Comment(3) | TrackBack(3) | 中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

桜木町 ワインバー CLARE (クレア)

会社の近くに、気軽に行けそうなワインバーを発見しました。その名も Dining Wine Bar Clare (クレア) です。
Wine Bar Clare

桜木町駅と馬車道駅のちょうど中間ぐらいにあり、みなとみらい からも歩いてすぐ。こんな夜景が目の前に見えます (実際に店を出てすぐのところから撮影したものです)。
Wine Bar Clare 付近から見る みなとみらい

デザイナーズマンションのようなモダンな内装のこのお店。2年ぐらい前からオープンしているそうです。
Wine Bar Clare

勤務先であるみなとみらいからすぐ近いのに、全然知らなかった・・。この辺ってちょうど空白地帯なんですよね。ここは間違いなく穴場です。
Wine Bar Clare

この日は大阪から来たIちゃんと みなとみらい周辺を散策した帰りに、ふらっと立ち寄りました。

グラスワインが一杯600円から。日によるでしょうが、白3種類、赤3種類が用意されているようです。
Wine Bar Clare

また、Champain や Cava(スペイン産のスパークリングワイン)もありました。この日はお気に入りのシャンパン・Pommery がグラスで頂けたので、ありがたく注文。
Wine Bar Clare

Iちゃんは、自家製サングリアを注文。「お酒がそんなに強くないの〜」とはいうものの、それは嘘だったのか、サングリアがおいしかったのか、この日は結構飲んでました・・(^^ゞ。

何せこの日は「ぶらり」と寄っただけですので、余り食事は頼みませんでしたが、つまみにキッシュペンネアラビアータなどを注文。なかなかオイシかったです。
Wine Bar ClareWine Bar Clare

でも、この店で気になるのは「プチセレブコース」なるもの。5品の料理と + 5種類のワインが出てくるセットが 3,500円。コースで出される料理はもちろんワインの味に合わせて調理されるそうですから、気になりますよね。このコースを実際にトライした会社の友人の話では、ボリュームはないものの、ワインに合った、おいしい料理だったとのこと。ワイン好きにしてみれば、食事はワインを楽しむためのアクセントであれば十分。これは嬉しいコースかも。

この他、下↓のクーポンが使える「プチセレブ セット」は、オードブル盛り合わせとワインがセットになって 1,500円(クーポン割引価格)というもの。まずはここから賞味してみるのもいいかもしれません。

最後は自家製のデザートの盛り合わせで締めました。おいおい、ぶらっと寄っただけじゃなかったのかよ・・・(^^ゞ。ちょっと我々には甘過ぎました (^^ゞが、心のこもった手作りケーキでした。
Wine Bar Clare

1階には7〜8人が座るカウンターと、4人分の円卓だけ。地下には15-20人ぐらいが入れるパーティースペースが。お店の方との一体感があって、非常にいい雰囲気です。ワインバーというと雰囲気を出すために照明を落として暗くしている店が多い中、ここは明るい雰囲気なのが興味深いです。
Wine Bar Clare

今回は軽く飲んだだけでしたので、グラスワインしか頂くことが出来ませんでしたが、ボトルは100種類以上も用意があるとのこと。フランス・イタリアのみならず、新世界ワイン(北米・南米・アフリカなど)が豊富に揃っているそうです♪

今度ワイン好きの友人と腰を落ち着けて飲みに行きたいと思います。マスターの話もゆっくり聞いてみたいところです♪

<↓楽なので貼ってみました。どうでしょう?>
Dining Wine Bar Clare [ ダイニングバー ] - Yahoo!グルメ




ブログランキングに参加しています!
「このブログ役に立つじゃん!」と思ったら(^^ゞ
応援お願いします! !
↓応援↓
blogranking
皆さんのワンクリックでランキング順位がUP!
さらに大勢の皆さんにこのブログを読んで頂けます(^^)v



CLARE(クレア)を他のブログでチェック!

横浜・湘南の口コミグルメ情報は↓こちら↓でも



ラベル:ワインバー
posted by まさとし at 00:54| Comment(1) | TrackBack(0) | ワイン・ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

たまプラーザ・デフェール DEFFERT の名物・サオトボ♪

東急田園都市線・たまプラーザ駅前のデッフェール(DEFFERT)をご紹介します。
たまプラーザ・デフェール

横浜のおいしいケーキ屋さん。我々のお勧めは こちら に一覧してありますが、横浜駅周辺にももちろんありますが、デフェール・アンプチパケ・ベルグの4月・レジオン などなど「東京都横浜市」とも言われる田園都市線沿線に偏在してます。保土ヶ谷区民としては、ちと、遠いのが残念・・・(^^ゞ。

その中でも、デフェールは数多くのメディアに取り上げられ、たまプラーザ駅前という立地のよさも手伝って大人気店です。
たまプラーザ・デフェールたまプラーザ・デフェール

この日は妻の友人・Iちゃんが大阪から来訪。前回来訪時 には一緒に 三崎港 に行き、おいしいもの巡りをしました。我々がブログを書いていることを知っているIちゃんは「横浜のおいしいケーキ屋めぐりをしたい!」と暗にブログの取材協力を申し出てくれました(^^ゞ。Iちゃんどうもありがとう。というわけで、折角の機会ですので、たまプラーザまで足を伸ばすことにしました。

到着したのは日曜日の15時ごろ。イートインは20分待ちでした。
たまプラーザ・デフェールたまプラーザ・デフェール

妻はデフェールで最も有名なケーキの一つ「サオトボ」を注文。
たまプラーザ・デフェール 「サオトボ」

たまプラーザ・デフェール 「サオトボ」しっとりしたクラシックショコラの中から、程よく温められたガナッシュ(チョコレートクリーム)がトローリと溶け出して来ます♪ この溶け具合が絶妙ぴかぴか(新しい) それもそのはず、「サオトボ」とは「噴火口」という意味。フォンダンショコラの一種ですが、チョコレートが溶ける様子を噴火口に見立てた訳です。


Iちゃんは「ミラネーゼ」を注文。
たまプラーザ・デフェール 「ミラネーゼ」

たまプラーザ・デフェール 「ミラネーゼ」ピスタチオとミルクチョコレートのムースに、イチゴのコンポートが乗っています。ムースがどれも柔らかく、それぞれの相性も Good。見た目が美しいのもデフェールの特徴ですね。それにしても、どうしてこれが「ミラネーゼ」という名前なのかと頭をひねったのですが、どうやらこの色彩(緑・赤・白)が、イタリアの国旗に似ているからではないかと推測。しかし、それは「イタリアーノ」であっても、「ミラノ」になる理由にはならないし・・などという無駄な詮索をしてしまいました(^^ゞ。


僕は季節もの「マロンロワイヤル」を。
たまプラーザ・デフェール 「マロンロワイヤル」
白いマロンクリームの真ん中には、栗のパウンドケーキ栗の渋皮煮チョコガナッシュが入っています。さらに一番上にはデフェールの代名詞とも言えるロールスライスしたチョコ。こう表現すると、色々入っていてしつこそうな印象かもしれませんが必ずしもそうでもなかったです。濃厚になり過ぎない程度にしっかりした味わい。一つのケーキでいくつもの栗のバリエーションを楽しむことが出来ました。

デフェールのケーキはとにかく凝っています。構造・見た目、共に素敵ですよね。ただ、ここのケーキは味が全体的にしっかりしている部類に入るでしょう。ケーキによっては「甘い」「重い」と感じることもあるかもしれません。もちろん、これは好みの問題ですけどね・・(^^ゞ。

おいしくて。綺麗で。雰囲気もよくて。デフェールに人が集まるにはちゃんと理由がありそうですね。

Iちゃんご協力感謝です。また遊びに来てね。そしてまた取材行きましょう(笑)。

たまプラーザ・デフェール 地図■ デフェール DEFFERT ■
住所:横浜市青葉区美しが丘1-5-3
電話:045-901-3911
営業:10:00〜20:00
定休:水曜日
場所:東急田園都市線 たまプラーザ駅徒歩3分
HP:こちら
駐車場:お店の駐車場はありません。道路の反対側に東京三菱銀行の有料駐車場アリ。ただし15分100円(休日)。その先に三井住友銀行の有料駐車場アリ(セブンイレブンの隣)。ここは20分100円(休日)と安め。SMBCを利用すれば割引あり(多分)。店まで歩いて1−2分なのでここがお勧め♪

ブログランキングに参加しています!
「このブログ役に立つじゃん!」と思ったら(^^ゞ
応援お願いします! !
↓応援↓
blogranking
皆さんのワンクリックでランキング順位がUP!
さらに大勢の皆さんにこのブログを読んで頂けます(^^)v

デフェール 他のブログでチェック!

横浜・湘南の口コミグルメ情報は↓こちら↓でも


スイーツ好きの男性にオススメの逸品
posted by まさとし at 22:44| Comment(4) | TrackBack(3) | デザート・ケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


▽▼▽▼ これまでに紹介したお店の一覧 ▽▼▽▼

みなとみらい・桜木町
・ ペッシェ ドーロ (イタリア人絶賛のパスタ)
ブコ ディ ムーロ (MM在勤者のイチオシ パスタ)
チャンドラーズ クラブハウス (ランチ&デートにシーフード)
カーサ ディ マルコ (生パスタが絶品♪)
・ ニューヨーク グランド キッチン (Cafe)
・ Salon de Nina's (Cafe : オープンテラスで)
・ ジュリアン (Cafe : 女性に人気)
ル・ボン・パン Le Bon Pain (クロワッサンが絶品!)
橙屋 (だいだいや:ランチ・デートに)
KUA'AINA クア アイナ (赤レンガ倉庫 の 絶品・ドデカい ハンバーガー)
・ 魚力 (MMで寿司はここ以外なし)
阿里山 (サラリーマンの味方・中華)
・ 会賓楼 (我らが中華屋さん)

横浜・関内
Antonio アントニオ(イタリアン in スカイビル)
オ・プレチェネッラ (驚愕!本場のナポリピッツァ in 横浜西口)
上海厨房 (どか〜んと大盛! ガッツリ中華 in 横浜西口)
・ キハチ・チャイナ (新感覚中華 in ルミネ)
千房 (お好み焼き in そごう)
・ 金臨門粤菜酒家(中華 in スカイビル)
・ ローストビーフの鎌倉山(スカイビル)
ストラスブール (文句なしのフレンチ in 関内)
雛鮨 (寿司食べ放題)

横浜中華街
永華楼 (ふかひれが美味!)
萬珍楼点心舗 (飲茶といえばここ!)
謝甜記 (お粥といえばここ!)
招福門 (飲茶食べ放題♪)
肉まん&豚まん 食べくらべ (江戸清・聘珍楼・皇朝など)

星川・天王町周辺
40Cafe (地元の落ち着くCafe)
珈琲問屋 (絶対おすすめ・コーヒー専門店)
エリオット (地元のおいしいケーキ屋さん♪)
ポトロブランコ (天王町の隠れたケーキの名店)
上海飯店 (汚いけど美味! 中華)
焼肉どうらく (絶品の霜降り黒毛和牛蔵)

鎌倉・湘南・三浦半島方面
マーロウ (プリンが美味! 葉山ドライブに)
池田丸 (生しらすが美味! 孫ノ島・腰越)
以志橋 (鎌倉・長谷寺)
鎌倉五山 (鎌倉・建長汁)
くろば亭 (三崎漁港のイチオシまぐろ&地魚)
その他三浦港のまぐろ・寿司の名店たち

その他の地域
風 ぷう Pu: (おいしい炭火焼鳥&日本酒♪)

■横浜のおいしいケーキ屋さん特集■
カナール (戸塚)
パティスリー ラプラス (鶴見・アド街でも紹介♪)
・ アン・プチ・パケ (青葉台)
・ ベルグの四月 (あざみ野)
・ リリエンベルグ (新百合ヶ丘)
エリオット (地元のおいしいケーキ屋さん♪)
ポトロブランコ (天王町の隠れたケーキの名店)
ラ・ベルデュール (緑園都市)
ジュラール・ミュロ (横浜高島屋)
デメル (横浜高島屋)
モトヤ パンケーキ リストランテ (横浜元町パンケーキ・ロールケーキが美味)
パティスリー タダシ ヤナギ (海老名)
くるみ&ナッツの アルカイク (番外:埼玉川口)
ア・ラ・カンパーニュ (番外:神戸三ノ宮)
レーブ・ド・シェフ (番外:神戸名谷・垂水)

■横浜周辺の楽しいこと特集■
平塚・すぎやま園でいちご狩り (神奈川県平塚市)
山梨・果王園で 桃狩り (山梨県笛吹市)
横浜みなとみらい花火大会♪


このブログのHOMEへ
このブログのHOMEへ♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。